大一電機産業株式会社

会社沿革

1971年 自動ドアの開発メーカーとして、名古屋にて創業を開始
1981年 株式会社に改組し、大一電機産業株式会社となる
1982年 本社を愛知県名古屋市緑区に移転し、本社敷地内に第1・第2工場を設置
1986年 業界初の「台間コイン貸機」を開発し、販売を開始
1989年 東京営業所を開設
1994年 ヒット商品「デー太郎」を開発し、販売を開始
西東京営業所を開設。
東京営業所を支店に昇格
大阪営業所を開設。
1994年 大阪営業所を支店に昇格
1997年 苫小牧事業所を開設し、開発準備室を設置
本社に隣接した場所に第3工場を新設
1998年 本社社屋を大改修し、生産部門を拡充
2001年 福岡営業所を開設
2003年 広島営業所を開設
仙台出張所を開設
2004年 仙台出張所を営業所に昇格
2005年 支店制度を廃止し、営業所体制に組織変更。
名古屋支店 → 名古屋営業所
東京支店   → 東京営業所
大阪支店   → 大阪営業所
本社を愛知県東海市へ移転
2009年 大阪営業所を移転
東京営業所を移転
2010年 村上卓夫 代表取締役会長に就任に伴い、村上雄三 代表取締役社長に就任
2016年 株式会社アウローラダイイチを吸収合併し、新部署として「照明事業部 アウローラダイイチ」を立ち上げる
広島営業所を移転